2013-05-27

The Sign of Four / Hammer, Anvil, Stirrup (2013)

電子音やらヴィヴラフォン、シタールなんかがびゅんびゅん飛び交う辺境ジャズファンク。
左右のチャンネルに極端に振ったりするミックスも併せて60年代サイケ感たっぷり。曲によってはAEoCを思わせるマジメなところも見せたりして、意外に芸達者。

2013-05-26

Yatha Bhuta Jazz Combo / ST (2013)

ビート世代のフランス人プロデューサーによる70年代のブラック・ジャズへのオマージュ。Lonnie Liston SmithからPharoah Sanders、Alice Coltrane、Sun Raあたりのイメージをうまく摘んでこね合わせ、スピリチュアル・コズミック・アフリカンなジャズの出来上がり。妙に聴きやすいところに物足りなさは残るんだけど、かなり良い出来。

2013-05-19

No Joy / Wait To Pleasure (2013)

カナダの女性2人組のセカンド。まあよくあるドリーム・ポップ系シューゲイズなんだけど、結構バラエティに富んだ構成で、甘すぎないメロディーと轟音度のバランスの取り具合が良い。あとギターのトーンも好み。

2013-05-18

Motion Sickness Of Time Travel / Nova Scotian Arms "Crystal Anniversary" (2011)

Rachel Evans (MSOTT)とGrant (NSA)のお馴染みアンビエント夫婦それぞれのユニットによるスプリット。
うねるオルガン・ドローンとエンジェリック・ヴォイスのMSOTT、まるでHeavenly Music CorporationなNSA、いずれも天上度メーター振り切れっぱなしの1枚。

2013-05-12

Gravetemple / Ambient / Ruin (2008)

Stephen O'Malleyも加わっているSunn O)))のサイドプロジェクトの再発。ドローンメタルといってもそれほど禍々しさもメタルっぽさもなく、抑制された轟音が渦巻くダーク・アンビエントって感じ。

2013-05-06

Burnt Friedman & Jaki Liebezeit / Secret Rhythms 5 (2013)

シリーズ5作目。Burnt Friedmanの最近の一連のソロを含め、これほどJaki のドラム&パーカッション・ワークが大活躍する作品が聴けるのは嬉しい限り。特にこのシリーズは貫禄でJakiが主役。
内容は今まで通り、多国籍&多次元のリズムが連環して行く、目眩くパーカッション絵巻。

2013-05-04

Keiji Haino, Jim O'Rourke. Oren Ambarchi / Now While It's Still Warm Let Us Pour in All the Mystery (2013)

Imikuzushi と同じメンツの2012年1月六本木のライブ。こちらは歌重視の構成で、ソロ・ヴォイス+ドローンもあり。さすがに昔の様なハイトーンは出てないけど、そこは年の功でカバー。
全開で走り続けるこの人も、頑なに引き籠もり続けるあの人も、団塊世代は頑固で逞しくて羨ましい。

2013-05-03

Alan Licht / Four Years Older (2013)

ニューヨークの強者アヴァン・ギタリストのソロでは4年振りの作品。1曲目はテーブル・ギターとコラージュによる短いパッセージを重ねていく、アグレッシブな曲。2曲目はエフェクトを変えながら弾きまくる、太いギター1本のストロング・スタイル。Loren Connorsとのコラボも良かったけど、このソロもなかなか。

2013-04-28

Lilacs & Champagne / Danish & Blue (2013)

ポートランドの二人組ユニット。一言で言えば、ストレンジでちょっとザラついたダウンテンポなんだけど、どことなくエレクトロ・パンクな出自が垣間見える感じ。
ファンクやジャズ系のコラージュにギター・ドローンを被せたりするあたりは、結構新鮮で気持ちよかったりする。

2013-04-27

Barn Owl / V (2013)

Evan CaminitiとJon Porrasによるユニット。かなり早いペースでリリースが続く5作目も、荒涼とした大地を吹きすさぶ風の様な、ファズとエレクトロニクス、民族楽器によるドローン。なんとなく秘教的な響きがサイケデリックで、まあどれを聴いても基本的に同じと言えば同じなんだけど、個人的にはハズレが無いのでつい買ってしまう。

2013-04-22

Eleh / Retreat, Return, Repose (2013)

Web限定通販でしか手に入らなかった3作をまとめた3CDセット。共振するパルス、無骨な手触りのミニマル、鉱物質な低音ドローン。聴けば聴くほどじんわり効いてくる、どれもワン&オンリーでハイエンドな音響。

2013-04-21

Panda Riot / Northern Automatic Music (2013)

ツボを押さえたバースト感と、ポップなメロディーのバランスが良いキラキラ系シューゲイザー。最近よくあるパターンの拙く危うい感じ女性ヴォーカルもうまくはまってるけど、あと一歩何かが足りないような。

2013-04-20

Mountains / Centralia (2013)

エレクトロニックな作風にシフトにした前作から、本来のナチュラル&アコースティックな響きに幾分回帰した印象。相変わらず暖かな陽光を思わせる、丁寧に織り上げられたアンビエント・ドローン。

2013-04-16

Black Pus / All My Relations (2013)

この高速で叩きまくり暴れまくるジャンクさはどこかで聴いたなー、と思ったら Lightning Boltのドラムの人のソロ・プロジェクトだった。基本的に本体と同じでエクストリームとしか言えない音だけど、それなりにバリエーションがあって聴かせる。Bill Laswellをぐちゃぐちゃにした感じのベースが良い。

2013-04-15

Miles / Faint Hearted (2013)

昨今のダブテクノ〜インダストリアル系の中では最強の音響かも。鈍器の破壊力。Andy Stott周辺の人だけど違った意味で新しい。

2013-04-14

Boduf Songs / Burnt Up on Re-Entry (2013)

Mathew Sweet のプロジェクト Boduf Songsの5作目。囁き系ヴォイスのダークなサイケ・フォークを核にエレクトロニクスやフィールド・ノイズが蠢き、時に轟音系ギターが切り込むかと思えば、端整なビートが現れては消えていく。
なんとも捉え所が無いけど、メロディーも良いし、この手の中では一際完成度が高い。

2013-04-09

Powerdove / Do You Burn? (2013)

アメリカ人シンガー・ソングライターでマルチ・インストゥルメンタリスト、Annie Lewandowskiのソロ・プロジェクト。エクスペリメンタル・フォークをベースに時にフリーキー、時にトライバルだったりでかなり自由。でも歌声は実に素直で、聴いてて妙に落ち着く。

2013-04-08

Implodes / Recurring Dream (2013)

Krankyからのリリースされたシカゴの4ピース・バンド。基本シューゲイズだけど、ガレージっぽさやミニマルな展開があってサイケ寄り。ドローンもあるけど耽美系じゃないのが良い。

2013-04-07

Benjamin Damage / Heliosphere (2013)

ボトムがかなり太くて刺激的なテックベース系。Basic Channel的なところも。でもアルバムなので曲が短いところが難点。

2013-04-01

Apparat / Krieg und Frieden (Music For Theatre) 2013

ドイツのエレクトロニック・ ユニット、Apparatの3作目は「戦争と平和」の舞台用サウンドトラックとして制作した楽曲を更に作り込んだもの。
今日的なエレクトロニクスとノイズ、ピアノ、ストリングス、時に声を織り交ぜ、題材から想像するよりは抑制的だけど、陰影のある絵画的な作品。